自作との違い

プリンターにより名刺を自作したことのある人は分かると思いますが、業者の名刺と自作の名刺は、ハッキリとした違いがあります。それは「紙」です。プリンターには名刺用の専門紙がありますが、それは印刷しやすいように大きめ(A4)の紙に名刺サイズのミシン目がなされており、プリンター自体もそれに合わせたアプリがあります。最近のプリンターの技術は進歩しており、印刷自体が業者印刷に比べ劣るというのではありません。切り取りやすい親切設計の名刺専用紙ですが、ミシン目はどうしても残ってしまいます。金属やプラスティックではありませんので、ヤスリをかけて仕上げることはできませんので、違いがでてしまうのです。

プリンターの名刺専用紙は、プリンターに合わせた専用紙です。そのためプリンターのインクが乗りやすい(失敗がしにくい)紙を使っていますので、それ以外の紙質がありません。また厚さもプリンターが動きやすい厚さになっていますので、同じものばかりです。つまり業者での印刷は紙質や厚さを変えられるのに対し、プリンターは同じ紙しか使えないのです。最近は大きさは男女ともに同じサイズを使用する傾向にありますが、紙の豊富さは専門業者ならではですので、それだけでも十分に価値はあるのです。